MENU

ボロボロの古い車の買取は無理?

 

ボロボロの自動車

 

「10万キロ超えているから、無理かな?」
「キズや凹みだらけでボロボロ・・・」
「15年落ちで古すぎるから、誰も買ってくれない?」

 

買い手の立場からすると、正直、買いたくない人が多いです。

 

「やっぱり、無理じゃないの!!もう心もボロボロになりそうだよ・・・・」

 

諦めないでください!!!!

 

実は、古い車は海外へ輸出したり、修理用のパーツとして利用することがあるため、普通に売れることもあります。

 

※アフリカ&東南アジアへ旅行へ行くとわかりますが、30年くらい前の日本車だらけです(汗)

 

じゃあ、どの業者へ売ればいいの?

 

「とはいっても、どうやって買取店探しをすればいいの?」

 

  • 買取店探しが面倒くさい
  • そもそも探し方がわからない
  • 信頼できるお店ってどこなの?

 

など、面倒&手間がかかります。

 

そこで、無料の一括査定サイトで、まとめて複数の買取店へ見積・査定依頼することで、たった1分で解決します!

 

【今すぐ、無料一括査定をするならこちら】

 

http://a-satei.com/

 

 

ちょっとした”裏技”であなたの愛車の価値を最大限まで引き出す

 

「よし、じゃあ、さっそく一括査定サイトに登録してみようか」

 

ちょっと待ってください!

 

実は、一括査定サイトは1つだけでなく、3つあり、それぞれ加盟している買取店が異なります。

 

【車の一括見積サイト】

  1. かんたん車査定ガイド(※無料)
  2. カーセンサー(※無料)
  3. 楽天オート(※無料)

 

極限まで愛車の査定額をアップさせたい!
のであれば、一括査定サイトも複数利用しましょう!

 

それぞれ特色があり、例えばかんたん車査定ガイドは大手有名店が多く、カーセンサーは地元系密着系のい店舗が多く加盟しています。

 

つまり、一括見積サイトも複数利用することで、より価格競争が激しくなり、高額査定の確率がグンッをアップします!

 

もちろん、一括査定サイトの利用料金はすべて無料ですし、万が一提示額に満足できなければ見送ることも可能です。

 

このサイトがきっかけで、あなたの車が少しでも高く売れることを期待しております!

 

※今回は古い車の査定のため、複数の査定サイトの利用をおすすめします。

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

かんたん車査定ガイド

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計

 

 

http://a-satei.com/

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

カーセンサー

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する総合自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://carsensor.net/

 


 

楽天オート(※完全無料)

 

楽天オート

 

≪特徴≫

 

@車売却で楽天1500ポイント付与!
A大手ショッピングモール楽天が運営
B初心者にやさしい

 

 

http://rakuten.co.jp/

 


 

車についての査定Q&A

 

車査定に疑問がある人

 

車買取で売却の際に必要な書類一覧

 

電化製品や家具などの買取とは異なり、車買取の際には様々な書類を提出しなければなりません。

 

基本的なものとしては自動車車検証や自賠責保険証明書、自動車税納税証明書などが必要です。

 

これらは車の売却のみならず、いつでもクルマの中に保管しておかなければならない重要書類です。

 

この他のものとしては、印鑑と印鑑登録証明書が必要です。この際に印鑑登録証明書と自動車車検証の住所が異なることがあります。

 

自動車車検証に記載されている住所は、自動車が登録されている市町村ですから、他県から引っ越しをしてクルマの住所変更をしていない場合は、ここが問題になります。

 

ただ、問題とは言っても、前の住所がわかれば問題ありません。住民票や戸籍の附票を取り寄せることで前の住所を証明することができます。

 

引っ越しを数回繰り返している方の場合は、戸籍の附票を用意することになります。戸籍が他県になる場合は、取り寄せるのに時間がかかりますので、早めに手続きをしておくことが大切です。

 

車買取は高く売ることばかりに目が行きがちです。実際に売ることが決まったら、様々な準備すべきことが発生しますので、

 

早くお金が欲しいという人は、前もって必要書類を揃えておくと良いでしょう。

 

10万キロ以上の古い車は売却できる?できない

 

自動車を売却しようとする場合、その自動車はどのような価値がつくか、今ひとつわからないことが多いはずです。

 

もちろん、購入したときの値段が高かった自動車は高い金額で買取をしてくれる可能性がありますが、必ずしもそのような金額になるとは限りません。その一つが、走行距離が多い自動車です。

 

自動車を購入してから何年も乗り続けると、メーターが10万キロを超えることがあります。

 

そのような自動車の場合、果たして買取をしてくれるかどうかが問題になりますが、基本的には10万キロ以上走行して車であっても価値が残っていれば、売却できる可能性があります。

 

例えば、軽自動車等であれば、買い取ってくれない可能性が高いですが、
高級自動車の場合は買い取ってくれる可能性が高いです。

 

走行距離が多く古い車であっても、購入したいと考えている人が多く、価値があると認められるからです。

 

また、高級車でなくても希少価値のある絶版のスポーツカーや、限定品で販売されていて、
人気のある自動車であれば、マニアの人はお金に糸目をつけない人が多いため、購入してくれることがあります。

 

このように、その自動車の価値によって買取をしてくれるかどうかが異なります。また金額もいくらになるか、その自動車によって異なるでしょう。

 

 

車買取 VS 下取り どっちがオトクなの?

 

車を処分したいと考える時、選択肢として車買取と下取りがあります。

 

両者の違いは車買取の方はただ車の売却だけを目的に利用するものですが、下取りのほうが売却だけでなくその次に購入する車の資金として充てることも考えます。

 

どっちがおトクなのかということで比較すると、単純に言えば車買取の業者に売ってしまったほうが高く査定されます。

 

ただし、下取りの場合には新車の購入ということを考慮してもらうことで、下取り額を上げてもらいやすいという点があります。もちろん、2倍や3倍ということにはなりませんが、車買取で査定額を上げてもらうように交渉するよりも遥かに簡単です。

 

それに下取りをした上で、新車を購入するというときには販売価格を下げてくれることもあります。

 

 

そういった点を考えると車買取と下取りの差は、世間で言われているほどあるわけではありません。

 

ですからどっちがオトクなのかを確認したいのであれば、両方で査定を出してもらって比較したほうが良いでしょう。

 

でも、新車を購入する必要がないということであれば、新車の値引きなどは関係ありませんから車買取業者を探して一括見積を依頼し最も高い査定額の業者に任せてしまう方がオトクです。

 

 

キズや凹みは修理してから、査定依頼がいい?

 

車を買取に出すのでしたら、車のキズや凹みの修理は無用でしょう。

 

理由は車の修理代と買取査定額のアップ分を比べますと、一般に修理代の方が高くなるからです。また、修理不能のような車でも買取している業者もいます。それですから、買取りに出す決心がついたなら、現状のまますぐに査定依頼をするのが賢明でしょう。

 

何故なら、中古車は時間と共に価値が落ちるのが普通だからです。迷っていたずらに時間を浪費するのは損でしょう。特に年末年始でしたら、年が明けますと年式が1年古くなり査定価格も下がりますので、年内に買取してもらうのが肝要です。

 

買取業者の探し方ですが、これはネットの一括査定サービスを使うのが賢いやり方です。このサービスは1回申し込むだけで数社の買取業者に査定依頼できます。それで1番高い買取価格を出してきた業者に売れば損をしません。

 

 

そして、スピーディーに事を運びたいのでしたら、車の名義変更に必要な印鑑証明書などの書類を用意しておくことです。

 

査定前の注意点は、車のキズや凹みは兎に角も、一応洗車や掃除等をしてきれいにしておくことです。そして査定する日程を調整して、1日で全ての業者に見てもらうと早く決着するでしょう。

 

タイミングベルト交換時期はいつごろ?費用はどれくらい?

エンジンの吸排気を適切にコントロールするために不可欠なタイミングベルトは、車の使用を続けていく中で必ず劣化していくため、
いつかはタイミングをみて新品と交換する必要があります。

 

交換時期として推奨されているのは、新品を装着してからの経過期間や走行距離がタイミングベルトの製造メーカーによって指定されている数値に達したときで、
多くの製品で新車に装着されてから10年経過するか、走行距離が10万キロメートルに達する少し前には交換すべきとしています。

 

タイミングベルトの交換は自動車整備工場やカー用品店などで行ってもらえますが、その場合に気になるのが費用です。

 

タイミングベルトの交換費用は新品のベルトの購入代と工賃から成り、車両の種類によって異なります。

 

軽自動車の場合はベルトが2千円から3千円程度、工賃が2万円から4万円程度が相場となっており、費用の大半は工賃で占められます。

 

一方、普通車の場合だと費用は高くなり、相場はベルト本体が3千円から1万円ほど、工賃が3万円から6万円程度になります。

 

なお、タイミングベルトの交換時には、ウォーターポンプやサーモスタットなどの他の部品も一緒に交換するようすすめられることが多いです。

 

すすめられるがままに交換を行うと出費は10万円を超えることがあるので、タイミングベルトと一緒に交換するパーツは家計が圧迫しないように決めましょう。

 

車買取の一括査定サイト@メリットとデメリットは?

愛車を少しでも高く売りたいのは誰もが考えることで、それを簡単に実現できるのが車買取の一括査定サイトです。

 

本当なら個別に問い合わせをして、車種や年式などを伝えなければいけないのですが、一括査定サイトなら1度の情報入力で済むため、手間や時間をかけずに行えるのがメリットとなります。

 

また、複数社から査定額が出るということは、提示された金額が妥当であるかどうかの判断にもなります。

 

査定依頼が出たお店も、顧客が一括査定をしていることを知っているので、他のお店に仕事をとられまいと査定額の調整ができたり、
こちらから相談して他のサービスを用意してもらうなど融通が利きます。

 

あえて競争させることで、あと一歩の価格に近づけることができるのが、一括査定サイトを利用するメリットと言えるでしょう。

 

逆にデメリットとしては、複数の買取業者に依頼するため、一斉に電話がかかってくるという点です。それぞれのお店と売却についての交渉を行うことになり、時には駆け引きが必要となることから、
人によっては煩わしく感じることになります。交渉下手といわれる日本人にとって、駆け引きとなる交渉は辛いものがあり、それが複数社となればうんざりすることもあるはずです。

 

全ての買取店からくる連絡を対応するのは大変なので、どうしても無理だと感じたら査定を断ることも考えておきましょう。

 

TOPへ